王国の銀行口座開設!!第二弾はING銀行

 みなさん、こんにちは。Kazです。本日は、新たに王国の銀行口座を開設した話です。以前のbunq銀行はオランインで契約して、本当に重宝しました。

 今回は、王国におけるメジャーな銀行であるING銀行です。ロゴマークも精悍なライオンであり、オランダ金融の王者をPRといったところでしょうか❓❓

王国の銀行口座開設!!第二弾はING銀行

 さて、ING銀行🏦の口座開設に関しても、アポの関係で、口座開設までにかなり時間がかかりました。市役所や、商工会議所(KVK)でも、そして、移民局(IND)においても、徹底したアポ主義です。このため、入国後に手続きを進めるとどうしても時間がかかってしまいます。

 でも、このアポ主義のおかげで、決められた時間に行けば、待たされることはなく、手続きもスムーズです。

王国の銀行口座開設 'ING銀行'

  • 3/15  ING銀行の口座開設に係るアポ取り(アプリから予約→アポは4/11)※
  • 19日 市役所にて、BSN申請
  • 26日 市役所から住民登録完了のレター到着
  • 4/11 スムーズに口座開設
  • 13日 ING銀行のDebitカード配達(受)
  • 14日 そのほかのレター到着(Debitカードのアクティベートに必要。)

※ちなみに市役所前の支店では、5月までアポが取れませんでした。。。

 さて、大きなミス❌が1点あります。。。ING銀行へのアポ取りの段階では、BSNを求められません。ので、単純にもっと早くアポを取ればよいのです。

 ただし、口座開設時には、BSNが記載された所定の書面を提示することが必要です。

 ちなみに、ABN AMRO銀行では、アポ取りの際にBSNの入力が必要です。

ING銀行のDebitカード使ってみた!

 とても快適です。というのも、これまでWiseのDebitカードを使っていました。このカードはとても便利で、入国当初から大変助けられたのですが、大手スーパーのAHやアジアンスーパーの東方行で使えませんでした。

 また、公共交通機関の乗車カードであるOV-chipkaartへのチャージもセントラル駅🚉に行けば可能でした。が、AHやJumbo内に設置されている黄色の端末では、チャージできなかったりと、不便なところもありました。

 一方、デメリットは、日本では不要だった口座管理費がかかる点です。契約プランに応じて変動しますが、それでも月に数ユーロですけど。。。

王国の銀行口座2
何かとんがってるロッテルダム・セントラル駅。ジ・アート!

 何より、これまで色々な方法を試したものの、日本から携行してきた現金💰をどうしても入金できなかったですが。。。ING銀行の口座を持つことで入金し、家賃や水道光熱費、子どもの学費(日本語補習校)の支払いに使えることは非常にありがたいです。

 なぜなら、2022年4月現在、急激な円安(だと僕は思います。)ですので。

  • 日本にて両替したときのレート 131.1円/ユーロ(2022年1月中旬)
  • Wiseのレート 137.72円/ユーロ(2022年4月中旬)
  • なお、渡航時に携行してきた「地球の歩き方2021-2022」掲載の為替レートは、約121円/ユーロ(2020年7月)

入金に係る留意点(オレンジパケット)

 オレンジパケットを契約していますが、入金は年2回のみ無料でした。(3回目の入金をした際の手数料は、€6でした。)こちらはデビットカードによる金融機関口座からの直接引落しが決済の主流ですが、確かに現金をわざわざ使おうという気にはならないです。ただ、土曜日によく出店しているOogstMarktでは現金でのお支払いもあるので、ビジネス用の金融機関口座に入金していますが。。。(2022年8月31日追記)

 今回も最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。Dank je wel!!

王国の銀行口座開設!!第二弾はING銀行” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。