落ち着いた郊外 of Rotterdam ~ Prins Alexander

 みなさん、こんにちは。Kazです。今回は、市内の東に位置する落ち着いた郊外エリアであるPrins Alexanderを紹介します。

 さて、このエリアは、子育て世代にも閑静な住宅街であると同時に、レジャーを楽しむことができるゼーフェンハイゼル湖があります。

 この湖には、800メートルの長いビーチやヨットマリーナがあるとのことですが、イメージ的には、以前紹介したKralingse Plasのような感じかと思います。。。

 そして、ゼーフェンハイゼル湖の西側、近くを流れるのがロッテルダム市の名前の由来ともなっているデ・ロッテ川です。

 市中心部からこのエリアまでは、オランダ鉄道の普通列車Sprinterで2駅です。中心部から少し離れるため、賃貸物件のお値段もある程度低く抑えることができます。

落ち着いた郊外に、ショッピングモール!

落ち着いた郊外 of Rotterdam ~ Prins Alexander

 さて、Rotterdam Alexander駅から、歩いてすぐの距離にあるのが、ALEXANDRIUM SHOPPING CENTER(ショッピングモール)です。ファッションとインテリアの店舗を中心に、140程度のテナントと、マックやケンタッキーなどの飲食店、そして、アルバートハイン(スーパー)などのXL店舗(大型店)が軒を構えています。

落ち着いた郊外2
とあるスーパーのXL店。広い店内、豊富な品揃えにテンションが上がります!

 さらに、大型ゴミを回収するための市の施設などがあるMilieupark Prins Alexander(環境公園)もこのエリアに所在しています。

さらに近隣には。。。

 近隣にはIJsselland Ziekenhuis(総合病院)もあります。

 でも、王国ではホームドクター制度が確立されていて。。。原則として、契約したホームドクターに受診します。このため、総合病院に行く機会は少ないのではないかと思います。

 さて、この制度については、

  • ドクターのアポが取れない。
  • 電話がつながらない。
  • 電話連絡しても、家庭で様子を見るようになどのアドバイスが多い。
  • なかなか診察してもらえない。

等の意見があります。

 ただ、日本の総合病院のように、患者が多すぎて、数分の診察のために、何時間もひたすら待つ状況がいいのかどうか…とも思いますし。

 ホームドクター制度とは、実際のところ、どうなのか?また、実体験に基づいたルポ記事を投稿したいです。

おまけ~落ち着いた郊外の物件情報

 4部屋(3ベッドルーム含む。)95㎡で、家賃€1,150などです。(2022年5月現在)

 古い物件が数多い王国にあって、1990年以降に建てられた比較的新しい(?)物件が多いとのことです。