サイクリングの交通事情〜自転車大国オランダ

 みなさん、こんにちは。Kazです。さて、このところずっと晴れの日が続いています。とても快適な気候なので、サイクリングを楽しむ人もよく見かけます。

 なんといっても、王国は自転車大国!!外を歩いていても、自転車が一番優先なのかなと感じることが多い今日この頃です。

 例えば、車は横断歩道では確実に止まるなど、日本と比べて歩行者にかなり優しい運転ですが、歩行者が自転車道を横切る時は、基本的に自転車が通過するのを待ちます。そして、はねられないように注意しながら、慎重に横断します。

 この交通事情を実際に目の当たりにして、自転車について、調べてみようと思いました。

サイクリングの交通事情〜自転車大国オランダ

 そこで、ロッテルダム市に自転車に係る交通ルールなどについて、参考となるwebsiteがあるか、また、そうした質問はどこに問い合わせたらよいのかを確認してみたところ、ANWBに照会するよう回答がありました。

ANWB

 ANWBでは、自動車や旅行についての交通情報を発信しています。

 今回は自転車のことを調べているので、同ウェブサイトのFiets(自転車)のページを閲覧しました。自転車購入時の注意点(身長と対応するフレームサイズの表がありました。平均身長が高い🇳🇱王国らしいと思います。チャリも基本的にデカいし、サドルが高位置です。。。)、電動自転車、そしてサイクリングルートについてなどなど多くの情報が掲載されていました。

電動自転車

 王国では、電動自転車がかなり普及しています。そして、この電動自転車🚵‍♀️🚴‍♀️、かなり早くて、気を付けないと、想定以上のスピードで迫ってきます。

 また、新型コロナ・ウイルスの影響もあり、電動自転車は、新車の納期が長い状況が続いているようです。そのためか、中古市場もかなり大きいとのことでした。

 さて、ANWBも注意喚起を行っていますが、オランダはヨーロッパにおいては比較的安全な国とされますが、自転車の窃盗がかなり多い様子🧐❗️このため、管理には注意を要します。利ざやが大きいのか、集団で窃盗を行うグループがあるとの噂もあるくらいです。。。

サイクリングルート

 ANWBのウェブサイトで自転車用のサイクリングルートも検索可能です❗️まぁ、Google Mapsでも調べられますけど。。。

その他サイクリングの参考

 さて、現地で自転車の乗り方を観ていると、右左折の際は、曲がる方向に腕を水平に出して、はっきりと意思表示しています。

 実は、これをしっかりとやらないと交通違反となり、罰金の対象とのことです。

 また、王国の自転車はフットブレーキが主流であり、ペダルを逆に漕いで停まるようです。

 他にも、ANWBのwebsiteを観ても分からなかった交通ルールについては、アルトさんのブログを読めば、よく分かりました。(英語、オランダ語より、母語である日本語の方が格段に理解しやすいですし。。。)

 今後、仕事やレジャーで、自転車に乗る機会も確実に多くなります。僕も気を付けて運転しないといけないです!

 今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。Dank je wel!!