世界博物館Wereldmuseumを満喫!

 みなさん、こんにちは。Kazです。ミュージアム情報です。今回はWereldmuseumを訪問し、アートを鑑賞したり、体験型の企画などを体験した話です。お得な魔法のカードmuseumkaartを手に入れたので、王国にたくさんあるミュージアムをどんどん視察したいです!

Wereldmuseumとは

 ロッテルダム市に所在する博物館であり、ロッテルダム市民の手によって、約160年にわたり収集された文化材などが展示されているとのことでした。

 子どもをメインのターゲットとして企画されているSuperstraatを中心に、実際に触れて楽しむ体験型の展示が多い印象です。

 世界博物館というネーミングは、植民地時代にアジアやアフリカなどから収集された文化財などを展示していることからと思われます。

Wereldmuseumにおける企画/展示

  • 地階(日本でいうところの1階です。なお、日本での2階がオランダでは1階と表現されます。慣れないとちょっと分かりにくいです。。。) 子供のための展示Superstraatがあります。いくつもの体験型ブースがあり、子どもが喜ぶように上手に作られていました。
  • 1階 hip-hop関連アートの展示でしたが、展示品は少なかったです。。。
1階はこんな感じ。。。
  • 2階 準備中
  • 3階 植民地時代に世界から集められた文化財などを展示しています。ここでも、触れて楽しめる工夫がされており、子ども達は楽しい体験を通して、文化に触れていました。

Superstraat紹介

 僕達は、大半の時間を子ども向けのSuperstraatで過ごしました。

世界博物館Wereldmuseumを満喫!

 このブースでは描いた絵がサンバ(?)に乗って軽快に踊ってくれます!もちろん、踊りには複数のパターンがあり、楽しめます。

 さらに、色々な形の文字がライトアップされ映し出されていて、その近くに白紙とペンが置いてあるブースでは、企画者の意図どおり(だと思うのですが、)子ども達は、ライトアップされている文字に紙を重ねて、自然と文字をなぞっていました。こういうちょっとした工夫がウマいなと感じます。

 他にも、レゴで建築物を作るブースがあったり。ちょっとしたDJ体験のできるブースがあったり。。なぜか(!)ハローキティのぬいぐるみがおいてあったり。。。

Wereldmuseumの立地

 市中心部に近いWillemskadeのニューウェ・マース川沿いにあり、とても眺めの良い場所に立地しています。ここからは、宿泊/居住・商業・ビジネス用の複合施設de Rotterdam (英語で、the Rotterdamとの意味の存在感ばっちりのネーミング)などなどユニークでロッテルダム的な建築物が目を愉しませてくれます。

ニューウェ・マース側沿いの面白建築物群。どれもユニークで、一つ一つよく調べたい衝動に駆られる!

 今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。Dank je wel!!

ショコラアメール https://amzn.to/3wVmXLA